関節リウマチ 治療 薬

関節リウマチの治療薬の種類と効果

関節リウマチは、関節の腫れや痛みが特徴の病気です。

 

今までは、弱い抗リウマチ剤を使っていき、
症状によって少しずつ強い抗リウマチ剤を使うのが一般的でした。

 

しかし、ここ数年の研究で、関節リウマチの関節破壊は
「発症から2年のうちに進む」ことが分かりました。

 

そのため、最近では最初から
強い抗リウマチ剤を使うことも増えてきています。

 

関節リマウチの治療薬は全部で3種類

関節リウマチの治療に使われる薬は、痛みをとる「抗炎症剤」と、
骨の破壊を抑えたり関節の変形・機能障害を抑制する「抗リウマチ剤」、
そしてバイオテクノロジーの力を使った新しい薬である「生物学的製剤」の3つです。

 

抗炎症剤にはステロイド薬と非ステロイド薬があり、
炎症や痛みの程度によってどちらが処方されるかは変わります。

 

ステロイド薬は痛みをとる効果は高いのですが、
副作用も強く出る可能性があります。

 

ステロイド薬の副作用には、骨粗しょう症や
動脈硬化のリスクを高める、などがあります。

 

生物学的製剤は、今までの薬で効かなかったタイプの
リウマチにもよく効く上、保険適用なので経済的負担も軽くすみますね。

 

このように関節リウマチの治療薬にはいろいろあるのですが、
恐ろしい副作用がある薬も少なくありません。

 

薬に頼らず関節リウマチの症状を良くしたい!と思ったなら、
「黄金湧泉」という入浴剤を試してみてください。

 

医薬部外品の入浴剤で、
関節リウマチに効果があると口コミでも評判が高まっています。

 

次のページでは、薬用温泉入浴剤「黄金湧泉」についてご紹介します。