関節リウマチ 原因

関節リウマチの原因は不明?それともストレス?

「関節リウマチ」という病気を知っていますか?

 

関節リウマチは30代〜50代の女性に多い病気で、
患者数は全国でおよそ70万人以上にものぼります。

 

関節リウマチは主に関節に腫れや痛みが出る病気なのですが、
「なぜ」そのようなことが起こるのでしょうか。

 

関節リウマチの原因について調べてみたいと思います。

 

関節リウマチは、「自己免疫疾患」の1つ

自己免疫疾患とは、なんらかの理由で、
自分で自分の体の組織を攻撃してしまうことを言います。

 

わたしたちの体は、体内に異物(抗原=敵)を認めると
抗体(免疫システム)が戦い始めます。

 

体を守るために、異物を破壊しようとするのです。

 

本来破壊される対象は「異物」なのですが、
なんらかの理由で「自分自身の滑膜」を攻撃してしまうのが
「関節リウマチ」だと考えられています。

 

では、なぜ「自分自身の滑膜を攻撃」してしまうのでしょうか。

 

遺伝的な素因やウイルスなどの感染が関係していると言われてはいますが、
今のところしっかりと原因は分かっていません。

 

未だに不明なところが多い病気なのです。

 

原因がはっきりと分からないと、
薬を飲むのも不安だと言う人もいるかもしれませんね。

 

そんなときは、「黄金湧泉」という薬用入浴剤を試してみてください。
医薬部外品の入浴剤で、リウマチや神経痛の痛みに効果があると口コミでも評判です。

 

もちろん薬ではないので、副作用などの心配もありません。
黄金湧泉を入れたお風呂に入るだけで良いので、簡単でおすすめです。

 

次のページでは、薬用温泉入浴剤「黄金湧泉」についてご紹介します。