関節リウマチ 症状

関節リウマチの症状が知りたい!

全国でおよそ70万人もの人が悩んでいる
「関節リウマチ」は、主に女性に多く見られる病気です。

 

自己免疫疾患の1つと言われている関節リウマチですが、
具体的にどのような病気なのか知っていますか?

 

今回は、「関節リウマチの症状」についてお話ししたいと思います。

 

関節リウマチは、主に「関節」に痛みが出る病気です。
関節とは骨と骨のつなぎ目のことを言います。

 

骨と骨の間には軟骨があり、
それによって曲げ伸ばしができるようになるのです。

 

関節リマウチ症状のサインとは?

関節リウマチの主な症状は、「関節の腫れや痛み」
「朝のこわばり」といった関節に現れるものの他、
発熱、食欲不振、体重減少、全身倦怠感などがあります。

 

「関節」に関する症状だけではないので、
初めは「関節リウマチ」だとは気がつかないかもしれません。

 

よく、風邪を引いたときや発熱のときに
関節が痛くなることがあると思います。

 

このときの関節痛と関節リウマチの違いは、
「朝のこわばり」があるかどうか、です。

 

朝のこわばりとは、起きたときに手や指の関節が動かしにくくなることです。
この症状はだいたい1時間ほど続くのですが、そのうち痛みは治まります。

 

関節リウマチの症状が出やすい場所(関節)は、
首・肩・肘・手首・手指・股関節・膝・足首・足指などです。

 

主要な関節すべてといったところでしょうか。

 

どの部位にどの程度の痛みが出るかは分かりませんが、
放っておくと骨が破壊されて日常生活も困難になってしまいます。

 

そうならないために、「朝のこわばり」などの症状があったら、
リマウチでないか疑ってみることが重要となりますよ。

 

次のページでは、関節リマウチに効果的な「黄金湧泉」についてご紹介します。