関節リウマチ診療ガイドライン

「関節リウマチ」診療ガイドラインで治療法を見てみよう!

関節リウマチは、はっきりとした「原因」が分かっていない病気です。
医学の進んだ現代でも、原因が分かっていないのです。

 

とはいえ、関節リウマチは放っておけば治るようなものではありません。
むしろ放っておくと骨が破壊されてしまう、恐ろしい病気なのです。

 

関節リウマチにも、「診療ガイドライン」があります。
初版は平成9年に発行されましたが、医学の進歩に伴って日々更新されています。

 

ガイドラインには、治療薬のことが詳しく書かれていて、
通販などで一般人も購入することは可能です。

 

関節リウマチ「診療ガイドライン」

従来まで、関節リウマチの治療薬はインフリキシマブ・
エタネルセプト・アダリムマブ・ゴリムマブ・セルトリズマブペゴル
の5つが使用可能でした。

 

そして最近、「TNF阻害薬」が関節リウマチの臨床症状の改善や
関節破壊の進行抑制、身体機能の改善が期待できることが分かりました。

 

しかし、TNF阻害薬は
危篤な有害事象を合併する可能性があることも分かっています。

 

このように、関節リウマチガイドラインには、
治療方法や使える薬、その効果と副作用などが書かれているのです。

 

医療に携わっている人なら理解することは容易かもしれませんが、
素人には難しいと思います。

 

専門用語がズラリと並んでいるガイドラインは、
見るだけで頭が痛くなってしまいますね。

 

このようなガイドラインには載っていませんが、
おすすめの治療薬に、「黄金湧泉」という入浴剤があります。

 

黄金湧泉は医薬部外品の入浴剤で、
リウマチや神経痛の痛みによく効くと好評なんですよ。

 

次のページでは、関節リマウチに効果的な「黄金湧泉」についてご紹介します。