関節リウマチとは

関節リウマチとは?気になる症状と原因について

「関節リウマチ」とは関節の痛みや腫れが主な症状で、
悪化すると軟骨や骨が破壊されてしまう病気なのです。

 

主に女性に多く、女性の発症者は男性の3〜4倍にものぼります。
どの年代でも発症しますが、30代〜50代に多く見られます。

 

仕事でも家庭でも働き盛りのこの年代に現れる
「関節の痛み」はとてもつらいものです。

 

では、「関節リウマチ」とはどんな病気なのか、
詳しく見ていきましょう。

 

関節リマウチとは

関節リウマチは、手や足、膝、肘などの関節が腫れて痛む病気です。

 

関節がうまく動かせなくなるので、物をつかんだり、
歩く、座るといった動作が困難になってきます。

 

関節リウマチの初期症状は、「朝のこわばり」です。
朝起きたときに、手や指の関節が動かしにくいといった症状はありませんか?

 

この朝のこわばりは1時間ほど続くことが多いです。

 

現在関節リウマチで悩んでいる人は、全国でおよそ70万人ほどもいます。
決して珍しい病気ではないのです。

 

「関節の病気」と聞くと、なんとなく年寄りに多いイメージがありますが、
関節リウマチは若い人でも発症しています。

 

誰でもなる可能性があるのです。

 

関節リウマチの原因は詳しくは分かっていません。

 

遺伝的な要因やウイルスなどの感染による「自己免疫疾患」の
1つということは分かっているのですが、
なぜ「自分自身の滑膜を攻撃してしまうのか」は未だ不明なのです。

 

次のページでは、関節リマウチに効果的な「黄金湧泉」についてご紹介します。